口臭の原因は唾液検査でわかります。

病気の他にも緊張や空腹、ストレスや自律神経の乱れによっても口臭は起こるものです。その結果、胃腸の調子くなり、消化不良や便秘によって悪臭が発生し、口臭につながるようです。

体内から起こる口臭の場合は歯磨きなどでは効果がないので困ります。

口臭予防対策には唾液検査が効果的です。



唾液は口臭の大きな原因ですが、唾液についてあまり詳しく理解していない人多いと思います。

唾液はおもに大唾液と小唾液から分泌されるもので、歯肉の溝から出てくる液体、口の中の老廃物、白血球、細菌、食物の残液などが含まれています。

唾液は刺激物などを摂取するとより多く分泌され、寝ている間も分泌され続けます。

唾液の分泌量が減ると、細菌の数が増えていきます。

唾液は健康のバロメーターでもありますので、唾液を調べることで体の状態を知ることができます。歯科医などでは唾液を調べる唾液検査を受けることができます。

唾液検査では唾液の量や酸性かアルカリ性か、含まれる細菌の種類や量などがわかり、虫歯や歯周病のリスクなどについても知ることができます。

唾液の中のアミラーゼを調べることで、ストレスチェックを行うこともできます。

唾液検査の結果によって口の中の状態がわかりますので、一人一人に合ったケアや予防法を教えてくれます。






スポンサーサイト
プロフィール

Author:爺

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
i2iアクセス解析