FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭の原因は唾液検査でわかります。

病気の他にも緊張や空腹、ストレスや自律神経の乱れによっても口臭は起こるものです。その結果、胃腸の調子くなり、消化不良や便秘によって悪臭が発生し、口臭につながるようです。

体内から起こる口臭の場合は歯磨きなどでは効果がないので困ります。

口臭予防対策には唾液検査が効果的です。



唾液は口臭の大きな原因ですが、唾液についてあまり詳しく理解していない人多いと思います。

唾液はおもに大唾液と小唾液から分泌されるもので、歯肉の溝から出てくる液体、口の中の老廃物、白血球、細菌、食物の残液などが含まれています。

唾液は刺激物などを摂取するとより多く分泌され、寝ている間も分泌され続けます。

唾液の分泌量が減ると、細菌の数が増えていきます。

唾液は健康のバロメーターでもありますので、唾液を調べることで体の状態を知ることができます。歯科医などでは唾液を調べる唾液検査を受けることができます。

唾液検査では唾液の量や酸性かアルカリ性か、含まれる細菌の種類や量などがわかり、虫歯や歯周病のリスクなどについても知ることができます。

唾液の中のアミラーゼを調べることで、ストレスチェックを行うこともできます。

唾液検査の結果によって口の中の状態がわかりますので、一人一人に合ったケアや予防法を教えてくれます。






スポンサーサイト

鼻呼吸を意識しよう

鼻呼吸がいいということは以前から言われていましたが、おそらく私たちの大半が口で呼吸をしています。

しかし、口呼吸は口の中や喉を乾燥させやすく、口の中に細菌が侵入しやすくなります。

細菌が侵入することで風邪をひいたりその他の病気になりやすくなることはもちろん、虫歯や歯周病の原因にもなります。

鼻には口と違って鼻毛や粘膜がありますので、有害な細菌をシャットアウトしてくれるのです。鼻呼吸と言われてもぴんと来ませんが、どのような呼吸法なのでしょうか。

やり方はいたって簡単で、口を閉じて鼻から息をすることを習慣づけるだけです。テープやマウスピースを使って行う方法や、口に水を含んでこぼさなないように息をするトレーニング方法などがあります。

どの方法も最初は面倒かもしれませんが、慣れれば自然に鼻呼吸ができるようになります。

病気などの疾患が原因の口臭

口臭の原因となる口の中の病気や全身疾患など病気ではなくても口臭がひどくなることもあります。

たとえばお腹がすいたとき、緊張したとき、ストレスを感じたとき、起床時などは唾液の分泌が少なくなるため、細菌が繁殖して誰でも多少の口臭はあるものです。

その他にもにんにく、ニラ、玉ねぎ、酒、たばこなどを摂取することによって一時的に口臭がひどくなることもあります。

歯磨きが十分でないと、食べかすが歯の隙間に残りにおいを発したり、それが歯石となって細菌を繁殖させ匂いの原因となります。

その中でも案外多いのは自律神経の乱れによる口臭です。

自律神経とは消化器・血管系・内分泌腺・生殖器を調節する働きをしますが、ストレスによりこの自律神経の働きが乱れると口臭につながる恐れがあります。

自律神経が乱れることにより唾液の分泌量が減少したり、ねばねばしたりします。その結果、細菌の繁殖を抑えることができず口臭の原因となってしまうのです。

自律神経が乱れることにより胃腸の働きが低下することもあります。胃腸の働きが弱くなると、消化不良を起こしたり、便秘を引き起こしたりして便秘になってしまいます。

自律神経の乱れ以外にも、暴飲暴食、偏食などをはじめ、胃のもたれなどで胃の調子が悪いと食物を消化しきれず、消化不良を起こします。消化されなかった食物は発酵し、その悪臭が血液を通って肺へ行き、呼吸となって口から体外へ排出されます。

同様に便秘などの場合も、悪玉菌が有毒な匂いを発し、それが腸壁から吸収され血液を伝って肺へ行き、呼吸となって臭いの原因となるわけです。

このように胃が調子が悪い時の口臭は体の中から出るものなので、歯磨きやうがいなどでは改善されません。


口臭と糖尿病の関係

一般的に口臭は唾液の分泌が少なくなる起床時になどにひどくなるのですが、それ以外でも日中に口臭が気になるのならその根本的な原因が病気ということもあります。

口臭は大きく分けて口の中の病気が原因の場合と、もっと大きな病気が原因の場合があります。

口臭の原因として考えられる大きな病気と言えば糖尿病です。

糖尿病は日本人にとても多い病気なので誰でも聞いたことがあると思います。しかし、本当に怖いのは糖尿病が引き起こす様々な合併症です。

放置すると死にいたる危険性もある糖尿病とはどのような病気なのでしょうか?

血糖値が高いなら糖尿病の危険性も!早めの受診が大切!

糖尿病とはインシュリン不足の状態が慢性化し、高血糖状態が続く、代謝異常の病気です。

血糖値は食事をすると高くなり、運動などをしてエネルギーとして代謝されると低くなります。この血糖値をコントロールするのがインシュリンです。

糖尿病とはインシュリン不足のために糖が正常に使用されず、高血糖の状態が続いてしまいます。高血糖の状態が続くことで、体に様々な悪影響を及ぼします。

糖尿病が怖いのは、気づかないうちに進行してしまうことです。

糖尿病であることに気付かず、血糖のコントロールを行わないと、様々な合併症を引き起こします。


糖尿病の直接の原因は糖の代謝異常ですが、それを引き起こす原因は一体なんなのでしょうか。

1型糖尿病と2型糖尿病は全く別のもので、若年層に多い1型糖尿病の場合は遺伝、自己抗体、ウイルス、食事などが原因と考えられていますがはっきりとはわかっていません。

一方で中高年に多いケースは遺伝、年齢、肥満、生活習慣と考えられています。遺伝によって糖尿病になりやすい人が、間違った生活習慣を長年続けることで糖尿病が発症してしまうと考えていいでしょう。




歯周病と虫歯を調べてみよう

不快な口臭の主な原因疾患としては、歯周病と大きな虫歯が挙げられます。

・歯周病治療で口臭予防

歯周病の原因菌の多くが、歯周ポケットに潜んで、唾液、血液あるいは食べカスに含まれるタンパク質などを分解して口臭を発生します。詳しくは「歯周ポケットは口臭や歯周病の始まり/歯周ポケット改善方法」を参考にしてください。

歯周病はほとんど痛みもなく進行していきます。したがって、何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、一度歯科医院を受診して歯周病の検査を受け、治療を受けましょう。

・虫歯治療で口臭予防

虫歯が進行して歯にポッカリ開いてしまった大穴に食べカスは詰まりやすくなり、このような部分は歯磨きをしてもなかなかうまく磨くことができないため、口腔内の細菌が発酵して口臭を放ちます。詳しくは「虫歯の全てを解決/歯ブラシだけでは防げない」を参考にしてください。

一時的にマウスウォッシュなどを使ってニオイが消えたように感じても、原因である虫歯を治療していなければ焼け石に水です。心当たりがある方は、是非1度かかりつけの歯医者さんで検診を受け、適切な治療を開始してください。

・親知らずの抜歯で口臭予防

親知らずの周りは細菌が溜まりやすく、口臭の原因になりやすい場所です。横や斜めに生えている方は早めに抜歯をお勧めします。詳しくは「親知らずが口臭の原因となる5つのメカニズムと3つの対策法」を参考にしてください。

・歯周病及び虫歯以外の病気

副鼻腔炎や、肝臓病や腎臓病などの全身疾患が原因となって口臭が強くなることがあります。これらは口臭以外にも自覚症状が現れることがほとんどです。健康診断や人間ドックで病気が見つかった場合、まずその病気の治療をうけましょう。詳しくは「口臭治療/口臭外来で行われる9つの治療法と検査、注意点」を参考にしてください。


無料のアフィリエイト講座はこちらです

唾液は大切なのだ

普段は唾液の抗菌作用によって、口臭もおさえられていますが、実は誰にでも口の臭いはあります。しかし起床時、空腹時や緊張時には唾液の分泌量が減るため、細菌が増殖し、VSCの産生が活発になるため、いつもより口臭が強く感じられるのです。特にVSCは舌の上で最も多く作られます。これは、舌の表面に食べカス、古くなった細胞などが付着した白い苔のような汚れである“舌苔”を細菌が分解してVSCを作り出すためです。生理的な口臭は、病気が原因ではないため、いつもの生活にプラスαするだけで、お口の中のスッキリ度があがります。ここからは普段できる口臭予防法を説明しますので、ぜひトライしてみてください。

・洗口剤で口臭予防

洗口剤は口腔内の洗浄・消毒を目的とする液体で、口の中をゆすぐために用いられるものです。組成は殺菌剤などの薬効成分に、水・アルコール・香料・色素などを配合したもので、うがいをすることによって口臭予防やブラッシングで取り残されたプラーク中の細菌の増殖抑制を期待できます。

・舌磨きで口臭を予防する

生理的口臭の予防のためには、歯磨きやデンタルフロスに加えて“舌みがき”による舌苔(ぜったい)除去を行い、舌を清潔に保ちましょう。舌清掃は、専用の舌ブラシを必ず使ってください。歯ブラシで舌をみがくと、舌の表面にたくさんある舌乳頭という突起がちぎれ、微量ですが出血することがあります。口臭の原因菌は、血液中のタンパク質が大好物ですから、微量な出血でも口臭の原因になる可能性があります。せっかくお掃除しても、逆効果になっては悲しいですよね。詳しくは「口臭の元!舌が白い舌苔(ぜったい)ができる9つの原因と取り方」を参考にしてください。

注意:歯ブラシで舌を磨くと傷つけることがあります

1日の舌みがきの回数は、起床時の1回で結構です。それ以上行うと、舌の粘膜を傷つけるおそれがあります。また、舌に傷があるときは、舌清掃は控えましょう。

・唾液を出して口臭を予防する

唾液の分泌量が少ないと、細菌が増殖して口の中が不潔になり、口臭が発生します。すなわち口臭の予防・対策に唾液分泌はきわめて重要です。唾液が出ずらい方は以下を参考にしてみてください。

自律神経の働きにより、緊張すると唾液分泌が減り、リラックス状態のときは唾液が出やすくなります。緊張して口が渇く時は、誰でも経験のあることでしょう。気付いた時は肩の力を抜いて、深呼吸してみましょう。またお水を少し飲んで、お口の渇きを潤すことも大事なことです。

歯磨きやうがいは頬・唇など口腔粘膜を刺激し、唾液分泌を促します。ガムを噛むことも、唾液腺の活動を活発にしますので、唾液分泌に有効な方法です。

頬の内側を伸ばすように、左右の頬を指で上下に数回こすってみてください。マッサ-ジ効果を実感できるはずです。また舌を左右に動かすことによっても唾液腺が刺激されます。

軟らかいものばかり食べていると、よく噛むことをしなくなるので、口の周りの筋力が衰え唾液の分泌が減少する原因になります。噛みごたえのある食べ物は、ひと口30回を目安によく噛んで食べましょう。

ドライマウスの可能性

最近、クッキーやせんべいなど水分の少ない食品がなんだか食べにくいと感じることはありませんか?

口の中が乾いて水分を欲したり、ねばねばと不快感があるなどの症状はありませんか?

それはもしかしたら口腔乾燥症(ドライマウス)という病気かもしれません。

ドライマウスになると細菌を洗い流してくれる唾液の分泌が少なくなるため、虫歯になりやすくなったり、舌苔が厚くなったり、口内炎や口角炎、また口臭がひどくなることもあります。

ドライマウスの原因には様々なことが考えられます。中には全身疾患を患っている場合もありますので、根本的な病気の治療が必要になります。

ドライマウスの予防法は、歯周病や舌苔同様、口の中を清潔に保つ、正しい歯磨きを実践する、ストレスをためないなど生活習慣を見直すことが効果的です。食べ物をよく噛んで食べ、唾液の分泌を促すのも効果的です。

口の渇きが1ヶ月以上続くようであれば、ドライマウスの可能性がありますので、生活習慣の見直しが大切ですね。






舌苔を調べてみる

歯周病という病名は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。歯医者に行くと、歯周病の可能性について指摘されたことはありませんか?

歯周病は日本人の多くがかかっている病気と言われていますが、悪化するとひどい口臭を放ちます。また悪化すると歯が抜け落ちることもあります。

ただ、歯周病は初期段階ではとくに痛みなどはないのでついつい放置しがちになってしまうのです。

歯周病は歯の根元や骨を覆っている歯肉が細菌によって炎症を起こすことで起こります。歯磨きが十分でないと歯と歯肉の間に歯石ができます。歯石には多くの細菌が含まれ、その毒素によって歯肉が腫れたり、出血したりするのです。

放置しておくと細菌が体内へはいりこみ、糖尿病をはじめとする全身疾患を引き起こす危険性もあります。

歯周病を予防するためにはなによりも正しい歯磨きを実践することです。きちんと歯が磨けていないと、歯周病の原因となる歯石が溜まりやすくなります。

またアルコールや煙草を控えるなどの生活習慣の見直しも欠かせません。

特に煙草を吸う人に多いのが舌が白や黄褐色に変色していることですが、それは舌苔かも知れません。

鏡で舌の状態を見てみてください。下が白っぽく、あるいは黄色っぽく見えませんか?

この苔状のものは舌苔と呼ばれるもので、体の調子が悪いと舌の角質が硬くなってできるもので、色や状態が変化します。

もし自分の舌が変色していたり、舌苔が厚くなっていたりしたら、体のどこかが不調だと考えてください。舌苔はいわゆる体の危険信号なのです。

体調が悪い時にはこの舌苔が厚くなることで、味覚が落ちたり、感覚が鈍くなったりして、食欲を減少させます。

そうすることで胃の負担を減らそうとするのです。また舌苔に異常があると、重度の場合、口臭がひどくなることがあります。

舌苔に重度の異常があるときには、全身疾患などの病気を疑って受診が必要です。ただ、軽度のものは正しい生活習慣や歯磨きを行うことで軽減される場合が殆どです。

最近は舌苔を取るための器具が販売されているようですが、過度の使用は舌の粘膜を傷つけることもありますので注意が必要です。


口臭は実は体の危険信号

口臭が臭かったり、口の中が渇いたり、喉が渇いたり、歯茎が腫れていたり、そのような症状があったら注意が必要です。
生活習慣が原因の場合は改善することで口臭を防ぐことができます。
また糖尿病などの大きな病気の場合には、受診して根本的な治療が必要となります。
たかが、口臭と思っていても、口臭は実は体の危険信号なのです。

正しい歯磨き、ストレスを溜めない、食生活を見直すなどすぐに始められることもあるはずです。
鼻呼吸を実践することで細菌の侵入を防いだり、唾液検査を受けることでストレスチェックや自分の口の状態を知ることができます。

放置して悪化してしまう前に、セルフチェックで口臭を予防しましょう。
自分に合ったケアや予防法で口臭を撃退しましょう。

口臭専門家は歯医者だった

家族や友人との楽しい会話や仕事場での会議などで、自分や他人の口臭が気になったことがある方も多いのではないでしょうか。口臭とは文字通り、吐く息などによって口から出される悪臭のことを言います。
口臭は、現代社会における“スメル(=臭い)ハラスメント”と言われ、社会問題になりつつあります。
1999年度厚生省(現厚生労働省)保健福祉動向調査によると、約3.3万人のうち約10%が「口臭が気になる」と回答しました。
この回答は、実際には口臭が無い人も含まれ、いかに多くの方が口臭が気になっているかを裏づけるデ-タと言えます。
しかし、口臭の原因を正しく理解して、予防している人は少ないのではないでしょうか。
女性も男性も気になるのが口臭です。どんなに外見が良くても、どんなに性格がよくても、仕事ができても、口臭がひどいというだけでイメージダウンです。
日頃から口臭に気をつけていても、最近なんだか以前より口臭がひどい気がする、口の中が乾いて粘つくなどの症状が見られる時には要注意です。
口臭は気になるけれども気づかないものです。原因の大半はお口の問題が影響しています。
気になったら、自己判断せず、かかりつけの歯医者さんにまずは診査・診断してもらいましょう。
色々な口臭予防グッズやVSC測定器を備えている歯科医院、口臭の原因菌を特定するだけの唾液検査を行っている歯科医院あるいは口臭専門の外来をもつ大学機関と提携している歯科医院もあり、歯医者も口臭に関してはたいへん重要視しています。
臭いものに蓋をせずに、まずは専門家に聞いてみましょう。
プロフィール

爺

Author:爺

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
i2iアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。