FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌苔を調べてみる

歯周病という病名は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。歯医者に行くと、歯周病の可能性について指摘されたことはありませんか?

歯周病は日本人の多くがかかっている病気と言われていますが、悪化するとひどい口臭を放ちます。また悪化すると歯が抜け落ちることもあります。

ただ、歯周病は初期段階ではとくに痛みなどはないのでついつい放置しがちになってしまうのです。

歯周病は歯の根元や骨を覆っている歯肉が細菌によって炎症を起こすことで起こります。歯磨きが十分でないと歯と歯肉の間に歯石ができます。歯石には多くの細菌が含まれ、その毒素によって歯肉が腫れたり、出血したりするのです。

放置しておくと細菌が体内へはいりこみ、糖尿病をはじめとする全身疾患を引き起こす危険性もあります。

歯周病を予防するためにはなによりも正しい歯磨きを実践することです。きちんと歯が磨けていないと、歯周病の原因となる歯石が溜まりやすくなります。

またアルコールや煙草を控えるなどの生活習慣の見直しも欠かせません。

特に煙草を吸う人に多いのが舌が白や黄褐色に変色していることですが、それは舌苔かも知れません。

鏡で舌の状態を見てみてください。下が白っぽく、あるいは黄色っぽく見えませんか?

この苔状のものは舌苔と呼ばれるもので、体の調子が悪いと舌の角質が硬くなってできるもので、色や状態が変化します。

もし自分の舌が変色していたり、舌苔が厚くなっていたりしたら、体のどこかが不調だと考えてください。舌苔はいわゆる体の危険信号なのです。

体調が悪い時にはこの舌苔が厚くなることで、味覚が落ちたり、感覚が鈍くなったりして、食欲を減少させます。

そうすることで胃の負担を減らそうとするのです。また舌苔に異常があると、重度の場合、口臭がひどくなることがあります。

舌苔に重度の異常があるときには、全身疾患などの病気を疑って受診が必要です。ただ、軽度のものは正しい生活習慣や歯磨きを行うことで軽減される場合が殆どです。

最近は舌苔を取るための器具が販売されているようですが、過度の使用は舌の粘膜を傷つけることもありますので注意が必要です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爺

Author:爺

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
i2iアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。