FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病と虫歯を調べてみよう

不快な口臭の主な原因疾患としては、歯周病と大きな虫歯が挙げられます。

・歯周病治療で口臭予防

歯周病の原因菌の多くが、歯周ポケットに潜んで、唾液、血液あるいは食べカスに含まれるタンパク質などを分解して口臭を発生します。詳しくは「歯周ポケットは口臭や歯周病の始まり/歯周ポケット改善方法」を参考にしてください。

歯周病はほとんど痛みもなく進行していきます。したがって、何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、一度歯科医院を受診して歯周病の検査を受け、治療を受けましょう。

・虫歯治療で口臭予防

虫歯が進行して歯にポッカリ開いてしまった大穴に食べカスは詰まりやすくなり、このような部分は歯磨きをしてもなかなかうまく磨くことができないため、口腔内の細菌が発酵して口臭を放ちます。詳しくは「虫歯の全てを解決/歯ブラシだけでは防げない」を参考にしてください。

一時的にマウスウォッシュなどを使ってニオイが消えたように感じても、原因である虫歯を治療していなければ焼け石に水です。心当たりがある方は、是非1度かかりつけの歯医者さんで検診を受け、適切な治療を開始してください。

・親知らずの抜歯で口臭予防

親知らずの周りは細菌が溜まりやすく、口臭の原因になりやすい場所です。横や斜めに生えている方は早めに抜歯をお勧めします。詳しくは「親知らずが口臭の原因となる5つのメカニズムと3つの対策法」を参考にしてください。

・歯周病及び虫歯以外の病気

副鼻腔炎や、肝臓病や腎臓病などの全身疾患が原因となって口臭が強くなることがあります。これらは口臭以外にも自覚症状が現れることがほとんどです。健康診断や人間ドックで病気が見つかった場合、まずその病気の治療をうけましょう。詳しくは「口臭治療/口臭外来で行われる9つの治療法と検査、注意点」を参考にしてください。


無料のアフィリエイト講座はこちらです

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爺

Author:爺

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
i2iアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。